暮らし

年子ママ+ワンオペ育児でも便利家電を使えば乗り切れる。子どもの保険より先に最新家電に投資したほうがいい。

私には現在、5歳と4歳の1歳1か月違いの年子がいます。

今はだいぶ楽になりましたが小さいときは毎日が目まぐるしく、おまけに旦那はほぼ家にいないので私1人で家事、子育てをしてきました。

年子育児+ワンオペ育児の不満といえば

・毎日時間に追われている
・私にばっかり負担がある
・なんなら私は家事が嫌いだ
・自分の時間がほしい
・2人に同時に泣かれると何もできない
・イライラしてばかりだったのでもう少し心に余裕がほしい

そんな時に助けてもらったのは旦那でもなく、最新の家電製品でした。

ゆうママ
ゆうママ
旦那よりも丁寧に仕事してくれて役にも立つ私の相棒

家事を助けてくれる道具があるかないかだけで、余裕がかわってきます。

ここだけの話、旦那がいなくても全然余裕です。

逆に休みの日にいたら私たちの生活リズムが崩れるので余計にイライラしますWW

この記事では

・育児中は最新家電を利用したほうがいい理由
・我が家の家事お助け家電をご紹介
・家事に対しての考え方を教えてくれる本の紹介
・まとめ:もっと子供との時間と自分の時間を確保するために今後も投資する

について書いていきます。

育児中は最新家電を利用したほうがいいのか?

あたりまえですが、自分でやらないことを増やすと家事が圧倒的に楽になります。

今まで、やっていてあたりまえだったことが最新家電を使ってしまえば私がやる必要はないのです。

その分自分も楽になるし、子どもたちにかまう時間も増えて心の余裕度が違ってきます。

家事を早く終わらせて子どもとの時間や自分の時間にあてたいのに、家事をやっているときに限って子ども同士の喧嘩や、不機嫌、後追いなどで中断されたことも多々ありますよね。

これも最新家電を使えば、ボタン一つで解決してしまうのです。

そしてよく聞く話ですが、旦那が家事をまったく手伝ってくれないという不満。

家事の分担で喧嘩するくらいなら家電を買った方が喧嘩も減り、自分もラクになり相手を責めることもなくなります。

アメリカでは食器洗い機や乾燥機など便利家電が当たり前のようにありますが、日本は優秀な家電を開発、生産しているのにも関わらず全然使われていない。

むしろ「楽をしてはいけない」という風習がありますよね。

ゆうママ
ゆうママ
どこの時代遅れだ

家電を購入する事は企業と同じように、将来の成長のための立派な投資です。家電によって女性の家事労働時間が減り、その分外部労働する、または外部労働時間を増やせば収入につながります。あるいは、家族団欒の時間にもつながります。

勝間式ロジカル家事

企業の成長のための投資と一緒。

そう考えると、便利家電に頼って楽をすることは悪いことではないってことがわかります。

我が家のお助け家電をご紹介

一番稼働してくれるドラム式洗濯乾燥機くん

どう生活が変わったのかというと

・干す手間がなくなった
・取り込む手間がなくなった
・雨の日でも洗濯物がたまらなくなった
・雨が降っても駆け込んで洗濯物をとらなくていい
・コインランドリーに駆け込まなくてよくなった
・タオルがフカフカで気持ちがいい
・暑い日も、寒い日もベランダにでなくてすむ
・急ぎで使用するものもすぐに使える(2日連続続く体操着など)

まとめると洗濯ものに費やしていた時間がへり、その分時間が増え、天気に左右されることなくなりました。

ゆうママ
ゆうママ
特に子供が小さい時は後追いが激しく、洗濯物を干すだけで一苦労だったなぁ

旦那に「家にいるときくらい洗濯物を干して、取り込んで」など一切言わなくなりましたね(笑)

こちらが愛用しているドラム式洗濯乾燥機です。

容量は10キロ。

ゆうママ
ゆうママ
保育園児3名の大量の洗濯物も夜寝る前にボタンを押すだけで朝起きたら綺麗に乾いているよ。

洗濯から乾燥までの手順もスリーステップ。

今まで5人分の洗濯物(1回分)を干す→入れ込む作業にトータル20分以上かかっていたのがたった30秒で終わってしまうのです。

単純に計算して

1日20分×1か月(30日)=600分

時間に直すと10時間です。

今は

1日30秒×1か月(30日)=900秒

分に直すと15分です。

洗濯乾燥機を導入するとこんなに時間を短縮してくれるのです。

ゆうママ
ゆうママ
1か月で計算してみるとこんなに洗濯物の作業につかっているんだね。恐ろしい。

そして育児中はいかに手間と時間を減らせるかが重要なので我が家は柔軟剤と洗剤が一緒になったジェルボールを使っています。

ポンといれるだけ。

洗剤を測る手間がないのでここでも時短ができます。

ベランダに洗濯物を干さなくなったのでベランダも子供たちの遊び場化となっています。

家が狭い我が家ではベランダも大事な部屋の一部です(・∀・)

自分で掃除機かけるよりも綺麗にしてくれるお掃除ロボット

有名なルンバですっていいたいところですが、そんなルンバを買えるお金がなかったのでルンバより安い「DEEBOT」というお掃除ロボットを購入しました。

ルンバを使ったことがないからわかないのですが、DEEBOT もいい仕事してくれるんです。

お掃除ロボットを手に入れてよかったこと

・自分で掃除機をかける回数が減った
・ボタン1つ押すだけで掃除開始してくれる
・出かけて帰ってきたときに家がキレイ
・家がキレイな状態だからイライラが減った
・細かく掃除してくれる
・子供が食べた落としたクズも保育園送っている最中に掃除してくれる
・家がキレイな状態を保てる
・ハウスダストアレルギーの私には強い味方

こんなにどっからかき集めてきたんだっていうくらい、ゴミを拾ってきます。

ゆうママ
ゆうママ
私の家こんなに汚かったっけ?

って勘違いするほど。

ちなみにDEEBOT はゴミをかき集めるだけではなく、水拭きもしてくれる優れものなんです。

水拭き中↓

小さい子がいる家庭ではありがたいですよね。

週に1回は出かけている最中に水拭きをお願いしています。

ゆうママ
ゆうママ
雑巾も真っ黒になるくらい綺麗に拭いてくれるよ

DEEBOT 1台で掃除機掛けと雑巾がけの手間を最小限にすることができました。

ECOVACS 床用ロボット掃除機 DEEBOT 静音&強力吸引 水拭き対応 クリアホワイト DM82 【日本国内正規品】

私みたいにに賃貸アパート暮らしで部屋もそんなに広くなければ高価なロボットではなく安いロボットでもいいかもしれません。

家事に対しての考え方を教えてくれる本の紹介

私が家事の工夫や効率を考えるきっかけになった本です。

勝間式 超ロジカル家事

日々の家事について参考になることがたくさん書かれており、ロジカルに考える癖をつけるといろいろな問題解決にも使えそうです。

ヒントがたくさん詰まっている本です。

まとめ:もっと子供との時間、自分の時間を確保するために今後も投資する

家事の負担を助けてくれる家電は単なる消費ではなくかなり良い投資です。

自分でやらないことを増やすと、時間も増え育児にも少し余裕ができます。

ちなみに、ドラム式洗濯乾燥機やお掃除ロボットはすべてローンを組んで買いました(笑)

ローンを組んででも手間と時間を回収できるので私はローンを組んでよかったと思います。

楽をすることは悪いことじゃない。

時間を大切に扱っていること。

今後は家事代行サービスやまだ購入していない最新便利家電にどんどん投資して行く予定です。