暮らし

時間を有効活用したければ脳のゴールデンタイムを活かそう

時間を有効的に使いたい。
けど、子育てや家事、仕事でなかなか自分の時間がとれない。

これからの働きに不安だからスキルアップのために勉強したいけど、帰宅して勉強は疲れてはかどらない。

 

こんにちは、ゆみまるです。

絶賛、3人ワンオペ育児中ですが1人時間を確保してスキルアップ中です。

子供が1年生になるまでに在宅ワークを確立することを目標に頑張っています。

時間を有効活用しないと、なかなか自分のやりたいことができなませんよね。

時間の使い方によって能力や収入の差、仕事の結果などに差が出てくるとも言われています。

じゃぁ、どうやって時間を有効活用したらいいのか!?

この答えがこちらの本に紹介されていました。

結論、

時間を有効活用したければ脳のゴールデンタイムを活用しよう。

この記事では

・時間を有効活用できる脳のゴールデンタイムとは?
・脳のゴールデンタイムで絶対にやってはいけないこと
・朝ボーっとしてしまう。簡単に活動神経に切り替える方法

についてご紹介していきます。

朝のゴールデンタイムを活用して時間を有効活用し、将来のためのスキルアップを目指しましょう。

時間を有効活用できる脳のゴールデンタイムとは?

人は起きてから2~3時間は脳みそが疲れていません。

この時間が1日のうちで最もパフォーマンスが高いと言われています。

その時間帯が脳のゴールデンタイムです。

ゆみまる
ゆみまる
わかりやすく言うと、机の上が綺麗に片づけられて、何もない状態のことだよ

脳のゴールデンタイムは高い集中力をする作業に向いています。

なので勉強や、文章を書くなどの時間にあてたほうが効率がいいです。

ちなみに朝の1時間は夜の1時間の2倍の価値があるのでここで自己投資の時間に使うことをおすすめします。

ゆみまる
ゆみまる
日本人の多くはこの脳のゴールデンタイムに気づいている人がすくないので、ここで気づけたあなたはラッキー

午前中→脳が疲れていないので集中力を必要とする作業をする

午後→決断や判断で脳が疲れているため集中しなくてもできる作業をする

これを意識して過ごすのと過ごさないのとでは、時間の活用の仕方が圧倒的に変わると思います。

脳のゴールデンタイムで絶対にやってはいけないこと

せっかく脳内がキレイな机の上の状態なのに、間違った行動で一気にぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。

それがテレビをみたりSNS、ネットニュースを見たりすることです。

テレビやネットは情報の嵐。

それを見るということは、キレイな机の上にたくさんの資料をぶちまける状態になってしまいます。

一瞬で乱雑な脳に変身。

この行動は自分で防ぐことができるので、なるべくは見ないように心掛けたほうがいいですね。

見たい気持ちをグッと我慢して、キレイな机の上に新しい知識を広げていきましょう。

朝ボーっとしてしまう。簡単に活動神経に切り替える方法

朝は「ボーっ」とする。

なかなか動けない。

それを簡単に変える方法が朝のシャワーです。

医学的にも証明されています。

シャワーをあびると、夜の神経(リラックス神経)である副交感神経から昼の神経(活動神経)である交感神経に切り替わります。

この交感神経が切り替わる条件は、体温と心拍を上げることなのです。

なのでシャワーが手っ取り早く簡単にできるので、朝のシャワーはおススメです。

ゆみまる
ゆみまる
私も、目を覚ますために朝シャンしているよ。ちなみに朝、髪を洗うとドライヤーで子どもたちが起きるので髪は洗わず顔と歯磨きだけでもシャキッとするからいい感じ

時間を制する者が人生を制する

人はみんな1日24時間という時間を平等に与えられています。

時間の使い方によって能力や、収入、仕事の結果などに差が出るのではないかと思います。

時間の使い方次第で人生のすべてが決まるといっても過言ではありません。

脳のゴールデンタイムを有効活用し、新しい知識やスキルアップするための活動を頑張ってみて下さい。

本から学んだ早起きのメリット。朝の時間を活用したら毎日が楽しく、楽になった。 その悩み、早起きすることで解決できます。 私もそうでしたがを人生の勝負は朝で決まる を読んで、モチベーションがすご...