片づけ

【必見】部屋を綺麗にする方法を2DK5人暮らしの私が伝授

部屋が片付かない人
部屋が片付かない人
部屋が狭くて片付かないし、片づけてもすぐ元通りになります。散らからない方法を知りたい。

 

私の家は賃貸アパートです。

間取りは40㎡の2DK。

5人で暮らしています。

まずは私の部屋の様子をご覧ください。

狭さは感じますが、住んでいてい問題はありません。

部屋を綺麗にするためにやっていることと言えば、モノを持ちすぎない事

定期的なモノの見直し。

そしてなるべく、収納グッズや収納家具を持たない事です。

片づけられなかった私ですが、5年かけてようやく片づけの仕方がわかってきました。

この記事では、部屋を綺麗にするための方法についてのポイントを書いていきます。

 

部屋を綺麗にするには収納について理解するべき

正しい収納ってご存知ですか?

収納=キレイに整えたり、納めたりすることではありません。

正しい収納は、よく使うものが取り出しやすく、そしてすぐに片づけやすい収納だと思います。

毎日使うものなのに、取り出しにくいところに置いていませんか?

取り出しにくいところに収納していると、取るときに手間がかかり、戻すのも大変なので、そこらへんに放置。

これこそが散らかる原因です。

まずは、よく使うもの(毎日使うもの)を見極めて、正しく収納してみましょう。

 

お家が広くなっても部屋は綺麗にならない

所有しているモノは財産だと思っていませんか?

モノ持つということは、家賃というお金がかかります。

モノを持てば持つほど、それを置く場所が必要になってきます。

買ったのはいいけど、使っていない

押し入れの奥に眠ったまま

私たちは居心地を求めたり、リラックスるために家を買ったり借りたりしているのに、モノに占領されては意味がありません。

家は倉庫ではない。

そして、世の中はモノであふれています。

私たちの暮らしを豊かにするはずのモノに押しつぶされないように、今いちどモノと向き合ってみましょう。

 

部屋を綺麗にするには物欲を減らす

物欲を減らすって難しいですよね。

私は収集心があるのでなかなか物欲を減らすのがむずかしかったですが、毎日使うものにこだわりを取り入れてたら、不思議と物欲が軽減しました。

毎日使うものは身の回りにあるモノです。

私の身の回りのお気に入りのモノをちょろっと紹介します。

まずはじめにお箸。

ディズニーランドで買ったものです。

私のお箸はこれ1つだけです。

次にコップ。

コップはスタバのタンブラーです

このコップがあるとスタバにいる気分にさせてくれます。

1人でお家にいるときは、コンビニスイーツを買ってタンブラーにコーヒーを注ぎYouTubeでカフェのBGMを流しながら本を読むのが最高の贅沢です。

 

続いてペン。

ペンは書いて消せるボールペンです。

毎日書く保育園の連絡帳にとっても活用しています。

 

最後にはさみ。

見た感じ普通ですが、これが切れ味抜群なんです。

手が痛くならないし、厚いものもサクッと切れます。

以前は100円のハサミを使っていたのですが、全然違います。

口コミもよかったのでおすすめです。

 

お気に入りのモノ、こだわりのモノを使っているとモノを大切に使うようになってきます。

使わないで置いておくだけのモノはモノに対しても失礼だし、道具としての価値はないです。(形見や自分が大事だと思うものは別)

モノを眠らせておくだけではなく、たくさん使ってあげて、モノとしての価値を高めて揚げて下さい。

使わないで処分することは心苦しいですが、たくさん使ってモノの使命が終えた時は感謝する気持ちが生まれてくると思います。

 

部屋を綺麗にする方法は意外にシンプルです

私が本気で部屋を綺麗にしたいと思って行動したことは、モノの選別作業と今ある収納で収まるモノしか持たないということ。

モノが少なければ片づける手間も少なく、掃除をするのもラクになり、部屋のきれいさをキープすることだってできます。

部屋が片付かない原因はモノの持ちすぎですと断言できるくらい、部屋を片付けるたびに思います。

私の片づけに火をつけた本です。

 

モノのために家賃を払うな!~買えば買うほど、負債になる

 

何度も何度も読みかえし片づけを頑張った結果、今では2DKでも心地よい住まいになりました。

これから子どもたちも大きくなってくるのでモノの数が増えそうですが、今の空間をキープできるように頑張ります。

 

部屋の写真を中心にinstagramやっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆみまる/暮らしの工夫を考えるオタクさん(@yumimaru96)がシェアした投稿