ダイエット

筋トレの効果を知ってしまったら、今まで口だけダイエット宣言していた自分に火が付いた

悩み
悩み
ダイエットに筋トレがいいって言うけど、筋トレって本当に効果があるの?なぜ筋トレをしたほうがいいの?

3人目を産んでなかなか痩せなくて、可愛い洋服を見つけたとしても試着したら想像以上に太っていて着たい洋服も着れず、身体が重くて子どもの体力についていけない日々。

何度もダイエットするぞって誓って筋トレを初めても、2日も持たないんですよね。2日どころか10分で諦める始末・・・

だって筋トレって辛いし、きついし、筋肉痛いやだし・・

そんな私でしたが、筋トレの科学的根拠をしってしまったら筋トレ頑張ろうって気持ちになったんです。

「やらなくちゃ」って義務感ではなく、「やろう」って前向きな気持ちになれた自分にビックリです。

この本を読むまでは!!

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

 

著者のTestosteroneさんのスペックは

・ちょう筋肉オタク

・本人も昔、110キロの体重があり留学先のアメリカで筋トレに出会い、なんと40キロ近いダイエットに成功

・Twitterのフォロワーも710,000人以上のすごい支持の持ち主

・最先端のトレーニング理論やスポーツ学を学んでいる

筋トレをしないと損をするし、筋トレは筋肉をつけるだけではないっていうことがすごく理解できた1冊です。

ゆうママ
ゆうママ
読んでいて筋肉を愛しているのがとっても伝わるよ。

 

この本の科学的根拠の信用性は

論理部分の説明は早稲田大学大学院スポーツ科学研究博士課程で最新のスポーツ科学を研究している久保孝史君に協力をお願いした。

久保君にはトレーニング理論やスポーツ科学、運動生理学などについて世界各国で日々進んでいる研究論文のリサーチを依頼し、筋トレが僕らに与えてくれる恩恵についての科学的根拠やメカニズムに関してわかりやすい言葉で解説してもらった。

久保君は曖昧な情報や研究方法自体に問題がありそうな文献には片っ端からNGを出すバリバリの研究学者なので、この本に載っているエビデンスは信頼してもらっていい。

ゆうママ
ゆうママ
ちゃんとした専門家が調べているから信用性高いよね

 

この記事では本でためになったところを抜粋してご紹介します。

こんな人におすすめ。

・これからダイエットを頑張ろうと思っている人
・若さを取り戻したいママ
・健康的に痩せたい人
ゆうママ
ゆうママ
 近々、ダイエット記録を公開する予定ですのでお楽しみに

筋トレによってメンタルヘルスが向上する

焦燥感(あせってイライラする)、不安感、慢性、慢性疼痛(長期間痛みが継続する状態、腰痛や関節痛など)、認知能力、睡眠の質の低下、自尊心の低下などについてポジティブに働くという多くの研究があるんです。

まさしく私、精神面メチャクチャ弱いんです。

悩みすぎたりすると、眠れなくなったりマイナス思考におちいってしまいます。

筋トレによって筋肉以外にも精神的に鍛えられて向上するならやったほうがお得ですよね。

そして以外だったのが、認知能力の向上にもイイっていうのがビックリ。

高齢化社会目前の今、おじじ、おばばに筋トレを勧めましょう。

ゆうママ
ゆうママ
ちなみに私のおじーちゃん、若い頃から毎日筋トレにはげんでいて80歳超えた今でも足腰元気で遊びまわっています。寝たきり生活が多い高齢者も多い中、自分の足腰で好きなところに行けるおじーちゃん素敵。
ゆうママ
ゆうママ
おじーちゃんと同じ年のおばーちゃんはと言うと、若い頃から食べてばっかりで肥満体系。運動が嫌いで年金生活の今でも毎日テレビを見て過ごしています。ちなみに認知能力が低下してボケが始まっています。曜日の間隔がずれたり、物忘れがはげしくなったり、1日に何回も同じことを繰り返し言ったりと・・・これも筋肉量の違いなのか

筋トレには、メンタルヘルス(精神面の健康)を向上させる動きがあることが多くの科学的研究によって裏付けられています。

筋トレするだけで身体に良いホルモンが分泌される

筋トレによって分泌される代表的なホルモンとその効能はこちら▼

テストステロン
骨や筋肉の強度を維持
動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防
やる気や闘争心の向上など

セロトニン
心を落ち着かせる安定させる
脳を最適な覚醒状態にする
痛みの調整をする

事象、幸せホルモンとも呼ばれている

ゆうママ
ゆうママ
筋トレすることによってこんなにホルモンがでるんだ。ただ筋肉を鍛えているだけではないんだね。

筋トレって、ただただつらいだけの運動だと思っていたけど大間違いでした。

スポーツ科学や心理学の分野における113本の論文で筋トレは自尊心を保つ、もしくは高めることが報告されている。

ゆうママ
ゆうママ
113本もの論文で発表されているって・・・筋トレバカにできない

筋トレは若返りの薬!?女性には嬉しいアンチエイジング効果が期待できる

新陳代謝が促進され肌が若返り、体力も若かりし頃を越え、体のシェイプや姿勢も改善され、ホルモン分泌によりバイタリティも溢れ出し性欲も復活する筋トレをアンチエイジングと呼ばずして何と呼びますか。筋トレこそ究極のアンチエイジング。アンチエイジングに関する商品全部まとめても筋トレには勝てん。筋トレで若返りの薬そのものだからな

ゆうママ
ゆうママ
やらない理由がない。ただでさえおばさん体系+年齢よりも若干老けてみられるときもあるから筋トレでアンチエイジングできたら最高。

芸能人でも綺麗な人は筋トレに励んでいるの知っていますか!?

世界的モデルのミランダカーだって筋トレで美ボディをキープ。

Mirandaさん(@mirandakerr)がシェアした投稿

マックス体重67キロもあったのにも関わらず、毎日の努力のおかげでこんなにお綺麗に。

AKEMI.Dさん(@darenogare.akemi)がシェアした投稿

ゆうママ
ゆうママ
綺麗な人はみんな筋トレに励んでいるね。美は楽して手に入るもんではないって思い知ったよ

もう年だから筋トレしても筋肉つけるの大変でしょ・・・ちょっとまった!

2016年に米国が行った研究では、60歳前後の男女に筋力トレーニングを行わせたところ10週間で平均7~8%もの筋量の増加が確認された。成長期を過ぎていても還暦を超えていてもトレーニングをすれば筋肉は増えるので年齢を理由に諦める必要は全くありません

筋肉は裏切らいってよく聞くけど、年齢に関係なく筋肉がついてくれるってまさしく言葉通り。

ゆうママ
ゆうママ
今さら、筋トレなんて遅いでしょなんて思わなくていい。背中を押される言葉だわ

アメリカではマッチョのほうが雇用される!?

アメリカでは太っている人は自制心が弱く自己管理するできないとされ雇用されにくい一方、マッチョは真逆評価を受ける。マッチョであることは①自制心が強く自己管理能力が高い➁タイムマネジメント能力が高い➂栄養学に強く健康で丈夫④運動が生活の一部のためストレスに強い__等の証明になり雇用される

ゆうママ
ゆうママ
たしかに、肥満の人よりはマッチョのほうができそうなイメージはあるかも。日本人はアメリカの流行などが好きだから、この風潮もいずれ日本にも取り入れられる可能性はあり!? 

マッチョが風邪ひいて寝込んでいるイメージなーーい(笑)

断捨離で人生が変わるように、筋トレでも人生が変わる!?

断捨離して一番効果のあるものが何か知っているかい?長年かけて蓄積して体脂肪だ。部屋にあるものを捨てた程度で人生が好転するんだ。必死で筋トレして弱い自分に打ち勝って体脂肪を抜き去った時の効果は想像を遥かに超えるぞ。体が変われば人生が変わる。筋トレで人生を超回復。

時間があれば日々断捨離をしている私ですが、ホント部屋を片付けると時間や心にゆとりができるのは体験済みです。

断捨離をしてお金の使い方、時間の使い方、考え方と私の思考すべてが変わりました。

片づけの経験から、脂肪も断捨離すると人生が変わりそうな予感・・・

ゆうママ
ゆうママ
綺麗になって第2の人生きちゃう感じ!?

筋トレで健康を習慣を作る

2017年8万人を対象に、様々な疾患に起因する死亡率と筋トレとの関連を調べました。

その結果週に2回以上筋トレしている人はそうでない人よりも癌に関連する死亡率が約30%低いことが明らかになりました。ここで驚きなのは有酸素運動を単体で行った場合には元に関連する死亡率は低下しなかったということです。さらにガン以外も含めた全体的な脂肪率についても明確な関連性が出ていて、筋トレをしている人たちは若年死する確率が23%低下したそうです。

簡単に言うとジョギングだけをやっている人よりも筋トレをしている人の方が癌で死ぬ確率は低くなるということです。

さらに若くして死んでしまう心配も減る。

それにしても8万にを対象にデータをとったっていうのが凄い。

ゆうママ
ゆうママ
全人類に筋トレを進めたくなるような内容ですね。病気になってしんどくなるのは自分だし、まわりにも心配やお金面も迷惑をかけてしまう。私は長生きしたいし、子どもたちに迷惑をかけたくないから、筋トレする。そして旦那にも筋トレを進める。

プロテイン=太るはウソ

これはよく言われていますが、何事もし過ぎは体に良くないのでプロテインを摂り過ぎれば太るでしょう。ただプロテインはタンパク質を英語にしたもので、牛乳や大豆、牛肉などいろんな材料を精製して粉末状にしたものです。そこにいろんなビタミンや甘味料を加えて出来上がったものがいわゆるプロテインパウダーなので、特別な食品ではありません。プロテインは炭水化物や脂質をほとんど含んでおらず、無駄なカロリーを摂取するタンパク質を手軽に補給したいという人にとっては強い味方となります。ちなみにプロテインの摂取で肝臓がやられてしまうというのも根拠がないので気をつけましょう。

ゆうママ
ゆうママ
プロテイン=筋トレ頑張っている人が飲むイメージで飲むと太るって思っていたけど、違うんだ。しかも炭水化物と糖質もほとんど入っていないっていうのは意外な事実。むしろ体にいいのではないか?

まとめ:筋トレはただのトレーニングではなく健康と美貌を叶えてくれるすぐれた効果を持っていた

筋トレは外見、内面、健康面も向上させる優れたトレーニングだということがわかったと思います。

一石三鳥ですね。

ちなみに私は、こちらの本を見ながら筋トレに励んでいます。

はじめてのやせ筋トレ

こちらの本、イラストが可愛くもすごくわかりやすくておススメです。

もっと筋トレについて詳しく知りたい、なぜ筋トレをするべきなのかを科学的エビデンスを用いた理論的な説明が欲しい人には超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由を読んでみて下さい。

自己流のダイエットや食事制限をするダイエットよりも筋トレをしたほうが健康で素敵な体が手に入りますよ。

私もまだまだ肥満体系ですが、継続して良い結果を報告できるように頑張ります。