暮らし

水切りかごをやめたら予想以上に快適すぎて、もうある生活にはもどれない。

・水切りかごがない生活ってどうなの?
・手放してみたいけど不安
・水切りかごを断捨離する勇気がほしい

水切りかごなしの生活を始めて2年のゆうママです。

私もこの不安な気持ちわかります。

無くしたい気持ちはあるけど実際困ったらどうしようなどいろいろ考えると手放すのが怖くなったりなどなど。

でも大丈夫。

なくても平気です。

むしろ水切りかごなんて買おうとも思いません。

ちなみに家族は5人。

洗い物も多いですが、いけます。

 

我が家のキッチンはこんな感じです。

ゆうママ
ゆうママ
狭い台所だけどスッキリして見えるでしょ!スポンジたちは外で除菌中。
この記事では

・水切りかごがない生活は快適です
・水切りかごを断捨離してからの我が家の洗い物事情
・水切りかごは無理に手放す必要はない

について書いています。

この記事を読み終えるころには手放す勇気が持てるかもしれません!

水切りかごがない生活は快適です

キッチンが広々使える

水切りかごって案外大きいんですよね。

場所をとるので必然的にキッチンスペースは狭くなる。

たった1つの道具(水切りかご)がなくなっただけでスペースが広くなり台所作業がスムーズになりますよ。

水切りかごの掃除の手間が減る

水回りに多い赤カビ、お箸立ての底の汚れ、サビ問題・・・

綺麗にする手間がかかりますよね。

掃除が嫌いなので水切りかごを無くしたおかげででこの問題が解決しました\(^o^)/

定期的な掃除をする時間を削減したことによって時間ができます。

 

ゆうママ
ゆうママ
ちりも積もれば山となる。時間も積もればバカになりません。

キッチンに圧迫感がなくなる

すごくスッキリして見えるんです。

自宅に友達が遊びに来たら

友達
友達
台所広く感じるけどなんでぇー?

と言われたりもします。

 

ゆうママ
ゆうママ
水切りかご1つなくなっただけで、キッチンの見た目がすごく変わるよ

水切りかごを断捨離してからの我が家の洗い物事情

ここからは私たちの洗い物事情を見ていきましょう。

 

普段はこんな感じです。

 

目の前にトレーが1つおいてあるだけ。

朝など、洗い物が少ないときにはココに置きます。

 

そして夕方の洗い物がこちら。

・・・・・( ̄д ̄)

量が多いのでトレーだけでは足りない。

なのでキッチンスペースにバスタオルを敷いていきます。

 

こんな感じで広々と使います。

 

何も考えずどんどん置いていくよー!!

 

向かいのトレーにも置いていきます。

 

最後は子どもたちと一緒に食器をふきふき。

ゆうママ
ゆうママ
お手伝い+食器を吹いている時間も何気なくコミュニケーションの時間になっているので一石二鳥

 

すべて拭き終わったら食器を片づけ、使ったバスタオルでシンクやその周辺を拭いて洗濯機に入れます。

可愛い水切りマットなどがありますが、余り物を持ちたくないので代用できるものは代用するスタンスです。

水切りかごない生活そしていたら

洗う→拭く→しまう

の習慣が勝手についてきました。

ゆうママ
ゆうママ
洗った食器を出しっぱなしにしていたら見た目が悪いしね

水切りかごは無理に手放す必要はない

最初は水切りかごを手放すことに不安だらけでした。

ゆうママ
ゆうママ
やっぱり使うかもしれない。けどスッキリした生活も憧れる

そんな葛藤な日々。

小心者の私が手放す前にやったことは、水切りかごをビニール袋に入れてベランダに隠すことから始めました。

ゆうママ
ゆうママ
とりあえず、水切りかごなしの生活をやってみる。もし必要になったらまたベランダから水切りかごを救出してまた使おう

と。

実際、救出することはなく1か月後には処分にいたり今のなし生活が続いています。

まとめ

水切りかごがないデメリットよりも私はメリットのほうが上回っています。

結論、なくても困らない

水切りかごがないと洗い物ができないという概念がくずれます。

シンプルな生活、キッチンを広く使いたい人にはオススメです。

 


アスベル 水切りトレーワイド(リバーシブル) 「Nポゼ」 ホワイト 5528

 

【賃貸アパート暮らし】2DK5人家族
狭くても快適に暮らせる工夫をこれからもお伝えしていきます。