おすすめグッズ

初めての子連れディズニー旅行!あると便利な持ち物!子供をぐずらせないアイテム多数用意しとけば怖いものなし。

初めての子連れディズニーに行く人
初めての子連れディズニーに行く人
初めて子どもを連れてディズニーランドに行くけど、何を持っていけばいいの?そして待ち時間で子どもが退屈してぐずらないか不安だなぁ。

上の子2人(4歳と5歳)をつれて、2019年5月に初めて子ども連れで東京ディズニーランドに行ってきました(2泊3日)

下の子はパパとお留守番です^^;

せっかく遠くから来ているから楽しい思い出にしたいですよね。

 

子供とディズニーを楽しく過ごすためには準備が大事!!

 

何を持っていけばいいのか、子供のぐずり対策など、行く前にネットや知人から徹底的に情報収集をしました。

今回は、私が子供がぐずらないために持っていた荷物や、必需品アイテムなどをご紹介します。

 

私が持参した子連れディズニーの持ち物一覧

子供とディズニーランド内に持っていった荷物です。

レインコート(子供、大人用)、着替え、ぼうし、タブレット、飲み物、お菓子、レジャーシート、シール帳、ビニール袋数枚、ヘッドフォン、救急セット
タオル、ティッシュ、ネイルシール、薄手のパーカー、モバイルバッテリー

 

ちなみにかばんは、両手が空くリュックがオススメです。

荷物を1つずつ、みていきましょう。

 

子連れディズニーの持ち物1:レインコート

いつ雨が降るかわからないので(ゲリラ豪雨など)カッパは入れておきました。

私が行った日、初日は雨だったのでレインコートは必需品のアイテムに。

私はなるべく濡れたくなかったので、レインズボンも購入。

買って正解で、ズボンもゲチョゲチョになることなく過ごすことができました。

レインコートは大人用と子供用をダイソーで購入しました。

子連れでディズニーだと荷物をなるべく減らしたいので、使い終わったレインコートはそのまま処分して荷物を軽減しました。

 

子連れディズニー持ち物2:タブレット

子供の待ち時間の暇つぶし回避のために持参。

2人で遊べるゲームをダウンロードしたり、前もってアマゾンプライムのビデオコンテンツをダウンロードして準備。

アマゾンプライムビデオのいいところはダウンロードしとけばオフラインでもみれところです。

Wi-Fiがないところなどで、通信制限を気にしないでみれるところが凄くおすすめです。

ですが、行った日がよかったのかほとんど待ち時間がなかったためタブレットの出番はありませんでした。

飛行機の中では大活躍でしたので旅行に行くときは必需品になりそうです。

 

子連れディズニー持ち物3:飲み物

ディズニー内でも売っていますが調べたところ、ペットボトル販売機が200円だとか。

荷物にはなるけど販売機探す手間と、値段のことを考えると持ち込みがいいと思い持参。

基本ディズニーは持ち込み禁止ですけど、特に手荷物検査ではひっかかりませんでした。

大量持ち込みでなければ大丈夫なのかもしれませんね。

 

子連れディズニー持ち物4:お菓子

こちらも、子供のぐずり防止のためにちょっとしたお菓子を持参。

いろんな味を分けて持っていきました。

季節によってですがチョコレート類など、溶けるものはもって行かない方が無難かもしれません。

 

子連れディズニー持ち物5:着替え

子供なので何があるかわからない!!

まんがいちの時にそなえて1セットはもっておいた方が安心です。

(お漏らし、飲み物や食べ物をこぼしたり、濡れたり等)

女の子の着替えセットはワンピースの方が、ぱっと着替えられて荷物もかさばらないのでおススメです。

 

子連れディズニー持ち物6:レジャーシート

パレードの場所取りに使います。

1人用のレジャーシートを2枚持っていき子供と一緒に座りました。

狭いと子供同士が喧嘩するので余裕があるほうがいいです。

 

子連れディズニー持ち物7:ぼうし

私が行った日は5月の後半でしたが、結構暑かったです。

気温は27度だったかな?

ぼうしが、あるないで体力の減り方がだいぶ違います。

長い時間パーク内にいるので体力は大事です。

あと熱中症予防にも。

暑い日は必ず帽子を持っていくことをオススメします。

 

子連れディズニー持ち物8:シール帳、ネイルシール

子供の暇つぶしアイテムに持っていきました。

ダイソーのシール帳です。

2人でシールを貼りながらごっこ遊びを楽しんでいました。

 

そしてネイルシール。

ネイルシールは長女が大喜び。

やっぱり女の子はおしゃれが大好きですね。

だんだん自分のつめが可愛くなっていく様子に目を輝かせていました。

ディズニーのネイルシールもダイソーで購入しました。

最近のダイソーはディズニーグッズも豊富ですごいですね。

パレードの待ち時間やちょっとした待ち時間に活躍してくれたシールたちです。

 

子連れディズニー持ち物9:ビニール袋

濡れたものやゴミ袋がわりに。

Lサイズのジップロックにまとめて収納。

ゴミ箱もいろんな場所にあったし、特に濡れたり汚れたりしなかったため今回は活用しませんでした。

 

子連れディズニー持ち物10:ヘッドフォン

子供がタブレットでビデオを見るときに周りに迷惑にならないようにヘッドフォンを購入。

イヤフォンだと子供の耳に合わず落ちるためヘッドフォンにしてみました。

折りたたみだったためコンパクトにカバンの中に収めることができます。

分配ケーブルも購入しておくと1つのタブレットで2つヘッドフォンを繋ぐことができるのでおすすめです。

ケンカせず仲良く見ることができますよ。

ヘッドフォンも飛行機では大活躍なので旅行アイテムの必需品になりました。

 

子連れディズニー持ち物11:救急セット

救急セットの中身は怪我した時の絆創膏と念のための痛み止め。

子供用の痛み止めは絶対に使わないだろうと思っていましたが、まさかの大活躍するはめに。

息子が旅行中に反復性耳下腺に。

(簡単にいうとうつらないおたふく)

痛み止めのおかげでなんとか楽しく過ごせました。

やっぱり子供は何が起きるかわかりませんね。

 

子連れディズニー持ち物12:薄手の長袖やパーカー

朝は気温が高く暑かったですが、夜は風があって肌寒かったです。

やっぱり海沿いは寒いですね。

荷物になるのでユニクロで購入した薄いパーカーを持参しました。

コンパクトにもなるし、軽いので荷物の邪魔にもなりにくいです。

 

子連れディズニー持ち物13:タオル、ティッシュ

タオルとティッシュ。

定番中の定番ですね。

忘れずに持っていきましょう。

 

子連れディズニー持ち物14:モバイルバッテリー

これは絶対に必需品。

スマホの充電が切れたらカメラも写せないし、電話もできない、ディズニーのアプリに入っている待ち時間も確認できないなど、充電が切れると致命的になってしまいます。

ちなみに私は写真をとりすぎて、充電が切れました。

ディズニーアプリも結構使うので(待ち時間確認で)いつもより電池の減りが早く感じます。

ちなみに私が持っていったモバイルバッテリーはこちら。

 

イヤフォンでもあり、モバイルバッテリーにもなります。

 

1台2役をこなしてくれる、すぐれものです。

Bluetoothでつながるので今流行りのノンワイヤレスです。

待ち時間は片耳にイヤフォンをつけて音楽を聴いていました。

 

子連れでディズニーに行くときは荷物が多くなるけど、夢の国のパワーでなんとか乗り切れる。

子供2人つれての旅行だったのでカバンの中はパンパン。

なるべく荷物を少なめにして身軽で行きたかったのですが、子供をぐずらせないが優先度高かったため、荷物が多くなってしましました。

無事に子どももぐずることなく、待ち時間も怒ることもなく快適に過ごせたのでとても楽しい旅行になったので良し。

後半は肩と足がやられそうでしたが、夢の国のパワーで重い荷物もなんとか乗り切れるので大丈夫です(笑)

初めてのディズニー旅行は子供がぐずることなく思う存分楽しめて最高の思い出になりました。

 

instagramもやっています\(^o^)/

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆみまる/暮らしの工夫を考えるオタクさん(@yumimaru96)がシェアした投稿